水道の元栓を交換する工事の施工内容

水道の元栓トラブルは、どういった状況であるかによって工事の内容は大きく変わっていきます。動かなくなる、あるいは漏水してしまうこともあります。部品交換で対応できる場合もあれば、元栓本体を交換しないといけない場合も少なくありません。

■内部のパッキンや部品を交換する

水道の元栓を交換する場合、工事内容としては内部のパッキンや部品を取り替える事で対応できます。部品代自体は数千円程度のものが多く、作業費や出張費が加算されて請求されることになります。予想をはるかに上回る費用となることはありません。
注意しないといけないのは劣化がひどい場合です。地中に埋まる元栓を交換しなければなりませんので、元栓を長年使用していた場合は修理では対応できないことを覚えておいた方がよいでしょう。

■大がかりな工事は費用も高額になる

元栓の修理で、地面を掘り起こす作業が必要となった場合、部品交換の比ではないほど高額な費用がかかります。
具体的にいくら費用がかかるかは、掘削の度合いや部品の種類によって変わります。さらに、地盤や配管などの状況も費用に影響してきます。



■まとめ
水道の元栓工事は、部品交換で済むか、地面を掘り起こしての工事が必要となるかが大きなポイントになります。予想を上回る費用となることも覚悟はしておいた方がよいでしょう。できるだけ部品交換で済むように定期的にチェックしておくことが望ましく、いきなり水が止まってしまうような事態を避けなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ