水道の漏水トラブルと工事費用

漏水することは頻繁に起こるわけではないものの、もしもの場合の水道工事修理費用については覚えておいた方がよいでしょう。どういった作業工程となるかによって大きく費用が変わるのがポイントになります。

■埋設部を取り替える施工

漏水の工事費用は、床から潜って漏水箇所を止める方法が最も簡単で費用負担が少ないです。埋設部を全て取り替えるほどの水道工事を行う場合、30万円を超える費用が発生する事が多く、高額な費用を負担しないといけないことを覚えておいた方がよいでしょう。
壁を壊す必要がない場合は5万円ほどの費用がかかります。費用の差が大きいため、どちらであるかをまずは調べてもらうのが肝心です。

■漏水と火災保険について

漏水した場合に火災保険の補償範囲であるかは気になるところでしょう。火災保険の種類に関わらず保障は受けられるものの、補償条件は厳しいものとなります。
通常通り使用していた場合は補償対象外となるのが一般的です。漏水は稀ではあるものの、起こり得る水まわりのトラブルなので、火災保険の内容は十分に確認しておく事をおすすめします。

■まとめ
水道工事において、漏水した場合にかかる費用がどれくらいになるかはケースバイケースです。焦点となるのは壁を壊す必要があるかどうかです。埋設部の取り換えなど大掛かりな作業となると、それだけ費用も高くなりやすいです。床下から漏水箇所を修理する方法なら5万円程度であり、その差は雲泥です。漏水した場合はまずどちらであるかを把握することが先決です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ